2008年3月10日

雑穀研究 第23号 (2008年3月発行)

<原著> Original Papers
アワにおける黄粒色糯性系統の探索および形質遺伝
仲條眞介・長谷川聡・漆原昌二・大清水保見 pp.1-8
Searching for glutinous strains with yellow grain color and inheritance of some characters in foxtail millet
NAKAJO Shinsuke, HASEGAWA Satoshi, URUSHIBARA Shoji and OSHIMIZU Yasumi

キビの搗精歩合と品質
熊谷成子・守岡貴・谷口義則・佐川了・星野次汪 pp.9-13
Pearling percentage and grain quality of common millet
KUMAGAI Seiko, MORIOKA Takashi, TANIGUCHI Yoshinori, SAGAWA Satoru and HOSHINO Tsuguhiro

生殖成長の温度がトウジンビエの種子稔性に与える影響
倉内伸幸・森正延 pp.14-16
Effect of temperature of reproductive stage on seed fertility of pearl millet
KURAUCHI Nobuyuki, MORI Masanobu

<ノート> Note
柳田國男とシコクビエ
加藤肇 pp.17-24
Recognition of finger millet by Yanagita Kunio, based on his folklore description
KATO Hajime

ハトムギの栽培・利用と東北農業研究センターにおけるハトムギ育種の取り組み
加藤晶子・山守誠・由比真美子・川崎光代 pp.25-29
Breeding of new job's-tears cultivers
KATO Masako, YAMAMORI Makoto, YUI Mamiko and KAWASAKI Mitsuyo

7戸で伝える特殊神饌 戒佛薬師の粟倉様
庄村敏 pp.30-31
Special food for God informed by 7 houses
SHOMURA Satoshi

<シンポジウムだより> Annual Symposium Report
pp.32-33

<春の勉強会だより> Spring Workshop Announcement
第8回雑穀研究会春の勉強会のアナウンス
pp.34

<活動紹介> Activity Report for Millet
植物と人々の博物館活動報告
井村礼恵
pp.35

<雑穀に関する書籍紹介> Notice of Millet Books
『雑穀博士ユーラシアを行く』昭和堂(2005) 拙著を語る
阪本寧男
『畠山剛 著;新版縄文人の末裔たち』彩流社(1997)
武田純一
pp.36-37